美容の小箱

美容健康に関するプチ役立つ情報源となります

ダイエット

冷凍キノコのダイエットレシピで悪玉コレステロールが減らす

投稿日:

キノコはローカロリーで、ダイエットにお勧めの食品という事はよく知られています。

しかし、調理法でその健康効果をアップさせる方法があるのをご存知でしょうか。

その方法は実に簡単です。冷凍保存したり、干すことでその効果をアップさせることができるのです。冷凍したり干したりするとキノコの細胞の中の成分が膨張します。そのため細胞壁が壊れ、「糖たんぱく」という成分を効率よく吸収することができるようになるのです。

糖たんぱくは摂取した脂肪の分解を抑え、体に吸収されにくくする効果があります。キノコには食物繊維も多いので、腸内で脂肪が吸収されるのを防ぎます。

また、腸の活動を活発にして、脂肪を排出しやすくするだけでなく便秘防止効果もあります。

特売でキノコが安く売られている時に、冷凍キノコを作っておくと重宝します。キノコはシイタケ・エノキタケ・エリンギ・ブナシメジ・・・などお好みのものでOKです。何種類かを組み合わせて冷凍キノコミックスを作っておけばお味噌汁や混ぜご飯にするなど簡単に料理に活かせます。

作り方は簡単です。キノコ類を適当な大きさに切り、冷凍保存バックにできるだけ空気を抜いて保存しておきます。1か月を目安に使い切るといいでしょう。ゆでたり、揚げたり長時間の煮込み料理などではなく短時間の過熱をした方が、効果を発揮しやすいです。

おすすめは、コレステロールの吸収を抑える大豆食品やわかめなどの海藻類と組み合わせると、さらに脂肪の吸収を抑えることができます。魚のホイル焼きの脇に添えたり、酢の物に加えるのもおススメ。コレステロールの酸化も同時に防いでくれます。

炒め物に入れてもいいし、カレーやシチューにポンといれるのもおススメの調理法です。調理の時に出た水分も、成分がたっぷり含まれているのでだし汁も食べられる汁物は毎日でも食べたいものです。一日当たり100gを目安にとるようにすると、十分な効果が得られます。

栄養があまりないからと、いままではあまり料理に使うことが少なかったキノコ類ですが保存法や他の食品と組み合わせることでダイエット効果があるのだからうれしいですよね。コレステロールが高めの方は意識して、とる機会を増やされることをお勧めします。

注意点はキノコは鮮度が命なので、購入したらすぐに冷凍保存しておくのがポイントです。低カロリーでおいしくダイエットできるので一石二鳥です。キノコで悪玉コレステロールを減らすダイエット。簡単なので、メタボ気味の方は始められてみたらいかがでしょうか。

-ダイエット

執筆者:

関連記事

青切りシークワーサー

青切りシークヮーサー100 ザ・プレミアムを試してみました!

青切りシークヮーサー100ザ・プレミアムを実際に試してみました。その魅力などについて色々とまとめています。

ゴボウ茶

あじかん焙煎ごぼう茶を飲んでみました!

あじかん焙煎ごぼう茶とは、医師である南雲先生監修のこだわりのごぼう茶「あじかん焙煎ごぼう茶」は、累計140万袋を突破している、現在大人気のごぼう茶です。 実際に商品をご愛用しているお客様の数は、累計3 …